スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年に向けて…

もうすぐ年末ということでだんだん忙しくなって参りまして、「ああ、今年も終わるんだなあ。」としみじみしております。
毎年恒例、カレンダー発送の準備も着々と進めております。
当店でビュッフェ・グループの楽器をご購入頂いたお客様や、日頃ごひいきにして頂いているお客様へプレゼントしております。
2015_1214_1

今年の絵柄は南米のオペラ座。
ブラジルやアルゼンチンにもこんな立派な劇場があるんですね!
知らなかったです(;^_^)
数日中にお届け予定ですので、お楽しみに☆
2015_1214_2


さて、当店では年末にかけて決算セールを実施中です!!
クルトワ トロンボーンや、クランポン クラリネットは通常よりもさらにお買い得になっている他、
在庫整理のため、バンドレンのリードやリガチャーの旧パッケージ、各楽器のケースもお買い得価格になっています。
この機会にぜひご利用くださいませ♪

今月のお買得品 http://www.nagae-g.co.jp/fs/inst/c/sal/1/1
アウトレット http://www.nagae-g.co.jp/fs/inst/c/out

今年も残りあとわずか。
一日一日を大事に過ごしていきたいですね(*^_^*)

お掃除の重要性

コンクールが終わり、みなさんは今、演奏会に向けて練習をしているところでしょうか?
練習が続くと、楽器をメンテナンスすることを後回しにしてしまいがちですよね(;^_^)
特に金管楽器は木管楽器に比べて、放っておいても音が出てしまうので、ほとんどお掃除していない、という話も時々耳にします。。

金管楽器も1年に1回は必ず、お掃除をすることをおすすめします!!

これは修理でお預かりしたユーフォニウムから出てきた汚れです。
※クリックするとモザイクをとった画像で表示されます。
2015_1114_1
曲がっている部分が多いユーフォニウムはこうしたヘドロと呼ばれる古い油汚れが溜りやすいのです。
しかし、ここまで立派なのは初めて見ました(笑)

こうしたヘドロ汚れが溜まると、衛生的に問題なのはもちろん、
管内を圧迫して音程が高くなったり、音の当たりが悪くなったり、ピストンの動きが悪くなったり…
とにかくいいことがありません。

特に、マウスパイプは汚れが溜まりやすく、一番演奏に影響が出やすいので、こまめにお掃除することをおすすめします。

これは新品のトランペットのマウスパイプ。主管を抜くと汚れなどはなく、きれいな○の穴が見えます。
2015_1114_2

みなさんの楽器はどうですか??
トランペットの場合、管が細い分、少し汚れが溜まっているだけで、音の当たりに大きな影響を与えます。

見た目はきれいに見えても中は・・・ということが多い金管楽器。
ぜひ一度お掃除してみてくださいね♪
やり方がわからない、自分でやるのが怖いという方は、お気軽にご相談ください(^_^)

お手入れ方法~トランペット編 →http://www.nagae-g.co.jp/fs/inst/c/ctr
マウスパイプのお掃除におすすめ!ヤマハ クリーニングロッド S 300円
水を通して洗うときは… ヤマハ フレキシブルクリーナーS 1,310円

お買い得商品のご紹介♪

今回は今だけのお値下げ商品のご紹介です!


Bach トランペット TR400 88,400円
2015_1017_1
アメリカの金管楽器メーカー Bachの入門者向けモデルです。
予算はあまりないけど、憧れのBachが欲しい!という方におすすめです。
長期在庫のため、特価価格です。
新品未使用ですが、表面には磨き傷のような細かい傷があります。
また、製造番号は刻印が薄いため、見えづらくなっています。
表面の仕上がりは若干難ありですが、演奏するにはまったく問題なく、明るく軽やかな音色の楽器です。
2015_1017_2


Bach トロンボーン 42BO 312,300円
2015_1017_3
ぱりっと明るい音色が特長のBach トロンボーン。
オープンラップのため息が入りやすく、学生さんや軽い吹奏感を好む方におすすめです。
スライドの先端に小さい凹みがあるため、特価価格です。
2015_1017_4
凹みといっても、直径3mm、深さ1mm弱程度のとても小さいもので、演奏にほとんど影響はありません。
その他の外傷なく、とてもきれいな状態です。


バンドレン B♭クラリネットマウスピース 5RV 9,670円
バンドレン B♭クラリネットマウスピース 5RV-Lyre 9,670円
初めてマウスピースを買うとき、まず最初にお勧めされるくらい定番のマウスピースです。
在庫過多のため特価価格です。
今ならたくさんの中からより良いもの選べます。
2015_1017_5

傷、凹みがどの程度のものなのかはぜひ店頭でも見て頂ければと思います!
この機会にぜひお立ち寄りください(^o^)

その他のアウトレット商品はこちらから
http://www.nagae-g.co.jp/fs/inst/c/out

最上級のユーフォニアム。ベッソン Prestige

10月31日までベッソンSALE開催中です〜

プレステージのスタンダードベル、ラージベルのご用意ございます。
店頭でのお試し、吹き比べも大歓迎です!

eup_4.jpg


左がラージベル、右がスタンダードベルです。
ラージベルは直径304mm、スタンダードベルは284mm。

スタンダードベルの方が操作性が良く人気もあります。
音の密度が濃く、まとまりのあるサウンド。

ラージベルの方が柔らかい音色で奥行きがあり、遠鳴りする響き。
ふんわりと優しく包み込むようなサウンドです。

eup_1.jpg


「プレステージはお高いし…プロが使う楽器だし…抵抗感もあるのでは?吹きにくいのでは?」
とご質問頂くことも多いですが、
そんなことはけっしてなく、弱音時の発音性も優れており、
少量の息でもポンと鳴ってくれます。

艶があって、しっとり滑らかな美しい音色とともに、
pp(ピアニシモ)の繊細な表現力、ff(フォルテシモ)の迫力ある音量を
兼ね備えています。

さて、ベルがラージかスタンダードかで悩むところ。
息を入れてから発音するまでのレスポンス、抵抗感はそれ程変わらないのですが、
出てくる音色は明確に違いがある2機種。

長時間のアクティブな演奏に耐えられるコントロール性能を求めるのであれば
スタンダードを選ばれる方も多いかと思います。

スタンダードベルは音の粒がクリアで、より華やかな響き。
柔らかく優しいウェットな音色から、パリッとドライな音色も鳴らすこともできます。
息の使い方次第で音の表現力が広がり、色んなパレットを使うことができる楽器です。

ラージベルは音の境界線が淡く、奥行のある響きです。
どれだけ息を入れても音が割れない感触と、極限まで丸みを帯びた太い音色。
重厚感、音の厚み、聴いている側がまるごと包み込まれるような
豊かな倍音と音量が魅力です。

ぜひ吹き比べて感じて頂きたいです。


ベッソン ユーフォニアム BE2051-2 外囿 祥一郎先生 選定品
http://www.nagae-g.co.jp/fs/inst/eup/eup_be_20512m

ベッソン ユーフォニアム BE2052-2 外囿 祥一郎先生 選定品
http://www.nagae-g.co.jp/fs/inst/eup/eup_be_20522

BESSON ユーフォニアム選定品 特別価格セール
http://www.nagae-g.co.jp/fs/inst/c/sp_besson_camp2015/

人気品番のBE1065-2, BE968-2 は既に在庫切れしております。
ご予約順に案内致しますのでお問い合わせください。
プレステージのラッカー仕上げBE2051-1はご売約済となりました。

eup_2.jpg

銀製品のお手入れについて

あつーい夏が終わり、急に涼しくなって天気も悪くて、体調を崩し気味に過ごしております。。
完全に夏の疲れが出ていますね(;^_^)

こういう時にはしっかり湯船に浸かるのがいいみたいです。
みなさまも体調管理には気をつけてお過ごしください。。


店頭で、銀変色を落とすのにはどうすればよいのか?と聞かれることが度々あります。
銀変色の理由は「酸化したため」と誤解されることが多いですが、本当は「硫化」によって起こります。

銀が空気中の硫化水素(硫化ガス)と化学反応し、表面に硫化銀の皮膜を作ることで、皮膜が薄いときは黄色、茶色、更に皮膜が厚くなると黒色、紫色に変色します。

バンドレンのマウスピースと銀メッキのリガチャーを一緒にしまっておくとリガチャーが真っ黒になってしまうのは、バンドレンのマウスピースがハードラバー(ゴム製)で、ゴムに含まれる硫黄化合物と空気中の水分が反応して硫化水素が発生し、それに銀が反応してしまうからなんです。
2015_0907_1
また、楽器ケースに使われているゴム系の接着剤と反応して変色してしまう、という場合もあります。

硫化による変色でオススメなのが、このバス シルバークリーナーです。
当店スタッフ、検品時の必須アイテムです!
2015_0907_2

薬剤が含まれている綿を少しちぎって、リガチャーを磨いていきます。
2015_0907_32015_0907_4

仕上げにクリーニングクロスで拭きあげたら、このとおり!きれいになりました。
2015_0907_5


バズでも変色が落ちない場合は「塩化」が原因かもしれません。
シルバーアクセサリーの場合は家庭用の漂白剤、海水浴などで起こりますが、楽器の場合は手の汗が原因で起こります。

楽器についた手の汗を放っておき、紫外線(日光や蛍光灯など)に当たることで、硫化銀よりも硬く、落としづらい皮膜を作ってしまいます。
この頑固な変色は、研磨剤が入っているヤマハ シルバーポリッシュでゴシゴシ落とすしかありません。
演奏した後は、手の汗をきれいに取ってあげましょうね。

きれいに磨き上げたら、このシルバープロテクターで仕上げましょう!
2015_0907_6
昨年の冬に発売された新製品です。硫化による変色を防いでくれます。
研磨剤が入っていないクロスに適量をプッシュして拭きあげてください。
効果は3ヶ月程度だそうです。

こまめにお手入れをして、いつまでもピカピカ☆新品のようにきれいに使いましょう♪
プロフィール

永江楽器

Author:永江楽器
管楽器・吹奏楽用品を扱っている永江楽器です。
管楽器最新情報、キャンペーン情報などなどご紹介。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。