カフェ分福

高円寺のおすすめカフェをご紹介します。


お店からほど近い、ルック商店街の中にある「カフェ分福」です。
bun_1.jpg

店内の様子はこんな感じです。
窓辺には、芸術や衣食住に関係する本や雑誌が並び、ゆっくりと読書しながら過ごすことができます。

bun_2.jpg bun_5.jpg

写真家でもあるオーナーによる店内ディスプレイで、自然とリラックスできる空間です。
bun_3.jpg bun_4.jpg

グリーンカレー。ほろほろに柔らかくなるまで煮た骨付チキンが入っています。
bun_6.jpg

お食事メニュー、どれもおすすめですが、
ケークサレ(チーズやベーコンなどが入ったしょっぱいパウンドケーキ)のセットや、
日替わりのヘルシープレートは野菜たっぷりで身体がよろこぶ美味しさです。
bun_7.jpg bun_8.jpg


自家製ケーキ、スコーンも絶品。
bun_10.jpg bun_9.jpg


日本茶、中国茶、紅茶、コーヒーも種類が多く、お酒などオリジナルメニューも充実。
お茶やデザートも種類も季節ごとに変化します。


小さなお店ですので、時によっては満席のこともあります。
スタッフさんが「席が空き次第、電話で連絡致します」と優しくご案内してくれます。
予約も受け付けているそうですので、どうぞご配慮ください。


食べログの紹介ページはこちら(地図)
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13122488/dtlmap/

RC仕様変更について

以前からFacebookなどでお知らせしていましたが、クランポン クラリネット RCが仕様変更致しました。
「RC」は低音から高音までむらのない均一性と、柔軟で深みのある音色を持つ楽器で、長年、クランポンクラリネットの代表機種として、プロアマ問わず愛されてきましたが、10年に渡る研究開発を経て、より洗練されたものへ進化しました。

つい先日、旧仕様の最後の一本もお買い上げ頂き(ありがとうございました!)、在庫しているB♭管はすべて新仕様になっています。


最大の変更点は、底が真っ平らの新デザインベルです。
昨年4月に発売された「Iconベル(アイコンベル)」の開発で得たノウハウを活かし、より芯があり、遠達性の高いベルへ変更されています。
2015_0322_1

パッド(タンポ)は従来のスキンフィッシュパッドから、耐久性のあるレザーパッドに変更されました。
また、上管の刻印の下には、「Festival」や「Prestige」のように、金属プレートがはめ込まれています。
2015_0322_2

バレルは66mmの1本が付属しておりましたが、新仕様では65mmも付属しており、お得感があります。
2015_0322_3

実際に吹いて見ましたが、以前のRCとは印象が異なり、音の立ち上がりがはっきりしていて、息を入れてからの反応が早くなったような気がします。
特に中音から低音にかけて、よりまとまった音になったように思われます。

今まではR13と肩を並べている印象でしたが、今回の改良によって頭ひとつ抜き出たのではないでしょうか?
一度お試しくださいませ!

クランポン B♭クラリネット RC 選定品 418,000円

875EXシリーズSALE中ですよ!!

暖かくなって喜んでいたのも束の間・・・花粉がつらいです・・・。
雨が降った次の日は特に飛ぶらしいです。
朝出かけるとき、自転車に黄色い粉が積もっていたのはびっくりしました(+_+)
皆様もお出かけするときは万全に対策してくださいね(+_+)

さてお知らせです!
ヤマハ サクソフォーン875EXシリーズが~3月31日(火)までセール価格です!
ヤマハ カスタムサックス 特別価格セール

875EXシリーズは須川 展也先生が監修したモデルで、875シリーズを基に改良されました。
875シリーズの優れた音程感や、大ホールでも響く遠達性を持ち、
さらに、吹奏楽やポップスに求められる明るい響きを持つ、ヤマハ サクソフォーンの最上位カスタムモデルです。

しかも今ならソプラノ・アルト・テナーすべて、須川先生の選定品がご用意できます!
ソプラノ・アルト・テナー 3機種そろい踏み

須川先生の選定ではヤマハの技術者が立会い、
バネの強さや、全体のバランスが最適な状態になるよう、微調整しながら演奏チェックをするそうです。

そのため、1回の選定でたくさんの選定品を作れるわけではないので、
揃ってご用意できるのはとても珍しいです。

貴重なこの機会にぜひご検討くださいませ☆

ヤマハ ソプラノサックス YSS-875EX 選定品 410,000円
ヤマハ アルトサックス YAS-875EX 選定品 375,000円
ヤマハ テナーサックス YTS-875EX 選定品 440,000円

アルトサックス Senzo(センゾ)

クランポン アルトサックス Senzo が入荷しております。
Senzoは、Prestige の後継機種として2013年に発売されました。
ネック、および管体に関してはフランスのマント工場、キイの形成と組立て、めっき作業はカイルベルトと同じ工場で行っているということもあり、細かいパーツは似た部分も多く、
今回は共通した部分と、オリジナルの部分に焦点を当ててご紹介したいと思います。
左がSenzo、右がSX90R
sen_1.jpg
Senzo の特筆すべき点は、ベルの太さと、U字管。
ベルの大きさ、U字管の幅広さが特長として知られているカイルベルトですが、比較すると大きな違いがあります。
幅は同等ですが、SenzoのU字管の方がより深いカーブを描いているのがわかるかと思います。
このデザインは前モデルPrestigeから改良された部分です。

Senzoは、”S1”のU字管、”S3 Prestige”の本体をベースに設計され、低音部の音程を改善するため、U字管とベルを見直し、サクソフォンの弱点であるDの音程も良くなりました。
低音部の音色が均一となり、pp(ピアニッシモ)時も安定した発音が可能に。

sen_2.jpg IMG_6466.jpg
キイポストやキイガードなどは共通の部分もあることが見て取れます。

sen_4.jpg sen_5.jpg
ベルと管体をつないでいる支柱、および当て金は異なります。Senzoの方が若干軽量化されていて、管体が持つ抵抗感等とのバランスが考慮されています。

sen_8.jpg
左手キイスプーンもカイルと共通で、高さ調節可能。ネック留めスクリュー位置はクランポン独特のデザインです。

sen_9.jpg
Senzoのネック。前モデルPrestigeから新たに改良が加えられ、吹奏感がより滑らかになりました。
sen_10.jpg
全体的な形状はもちろん、ネックのキイポストや当て金も違いがあることが分かります。

sen_11.jpg
ネックの当て金はSenzoの方がより小さく、トーンホールの立ち上がり形状もまた特徴的です。
sen_12.jpg


Senzoは、サックス奏者ファブリス・モレッティ氏の意見を取り入れ、クランポンの技術者
ジスラン・ルソー氏(”RC”モデルにその名を残すロベール・カレの継承者であり、
”S1”、”S3”、”Prestige”サクソフォーンの開発責任者。)協力の下、開発責任者のグレゴリー・ドゥマイリー氏によって製作されました。

最大の特徴である、紅いボディは、99.99%の純度の高い銅を使用。
前モデルPrestigeがラッカー仕上げだったのに対し、Senzoはキイポストを取り付けた後、管体に銅メッキを施した上、クリアラッカー塗装されています。
レスポンス等を考慮し、通常より薄いメッキがかけられているということです。

新設計のネックにより、全音域において明確なアーティキレーション、柔軟な吹奏感、
音の跳躍がスムースで、滑らかな音のつながりを実現しました。

”スーパーダイナクション”、”S1”シリーズの魂を継承しながら、無限の表現力を可能とした楽器へと進化したSenzo。ぜひお試しください。

詳しく商品ページをご覧になりたい方はこちら→
ビュッフェ・クランポン アルトサックスSenzo(センゾ) 選定品

春を感じる。

ずっと寒い日が続いてましたが、今日はなんだか急に暖かくなりました。
東京は最高気温が19℃だったみたいです。春はすぐそこなんですね(*´∀`*)
今回は春を感じるおすすめ商品のご紹介です。

Pearl フルート リバティケースカバー 4,860円
Pearl ピッコロフルート リバティケースカバー 3,880円Pearl リバティケースカバー
この商品はスタッフみんなが「かわいい!」と言いました。
女性スタッフが多いため、かわいい商品には敏感です(笑)

近くで見るとこんな感じ。
かわいい小花柄♪
小花柄なので、大人の方でも抵抗なくお使い頂けます。
これから暖かくなって、持ち歩くにはぴったりのケースカバーですね♪

ヤマハ チューナー&メトロノーム TDM-75PP プラチナピンク 3,290円
右がプラチナピンク、左がシャンパンゴールド
今や練習にはなくてはならない、必須アイテムになったチューナー&メトロノーム。
プラチナピンクは今まで春だけの限定色でしたが、これからは定番色として発売されます!

ちなみに、ディズニーデザインのチューナー&メトロノームもあります。
ディズニーは限定柄なので早い者勝ちですよ!
限定 ディズニーデザイン
残りわずか!ヤマハ チューナー&メトロノーム TDM-75DPO プーさん 4,080円
残りわずか!ヤマハ チューナー&メトロノーム TDM-75DF ファンタジア 4,080円

こちらは当店限定!
BG B♭クラリネットリガチャー Tradition ピンクゴールドメッキ
特注 ピンクゴールドリガチャー
アルトサックス用・テナーサックス用が好評だったため、B♭クラリネット用も特注で作ってしまいました!
見た目もきれいですし、音色も銀メッキより華やかになります。
近日中にホームページに掲載します!

他にも春に向けて新商品・新規取り扱い商品が続々入荷してます。
バンドレンの新しいクラリネットリードは早くも大反響です(^o^)
今後も入荷情報にご注目くださいませ♪

YTR-8335WS 入荷!

ご無沙汰しております、多忙のため久しぶりの更新になってしまいました(;^_^)ヽ
今回は新製品「ヤマハ トランペット YTR-8335WS」のご紹介です!

ヤマハ トランペット YTR-8335WSのご紹介
「YTR-8335WS」はトランペット奏者 神代 修先生が監修しており、
第4世代XENO(ゼノ)の特長である、ppからffまでムラ無く効率よく鳴らせる反応のよさと、
ウィーンのロータリートランペットのような華やかでふくよかな音色を持つ楽器です。

昨年まで当店限定モデルとして販売しておりました「YTR-8335KMV」も神代 修先生監修のモデルでしたが
「YTR-8335KMV」は第3世代XENOをベースにしており、
今回、新製品として発表された「WS」は第4世代をベースに、新たに改良されました。

XENO「YTR-8335S」との最大の違いは、独自に設計された太めのベルです。
ベルマーキングあたりからベルフレア(通称:ベルの首)が通常より太く、
これによってロータリートランペットのようなふくよかな音色を生み出します。

マウスパイプはベルとの相性を得るため、ヤマハのアトリエで新たに設計されたものを採用しました。
その他、ステンレスピストンバネや軽量されたピストン軸、真鍮製ピストンガイドなど、
細かいパーツもWSのために特別に組み合わせています。

音色に芯があり、どこまでもよく響く感触は新旧ともにバツグンですが、
KMVはどちらかといえばしっとりめの音色だったのに対し、
WSは明るくはっきりとした音色になったような気がします。

複数本の中からお選び頂けます
銀メッキ・金メッキとも複数台在庫がございます!
楽器には多少の個体差がありますので、より自分に合った楽器を買いたい!という場合は
やはり数本吹いて選ぶのがBestです。ご来店をお待ちしております!!

ヤマハ トランペット YTR-8335WS ¥276,000-
ヤマハ トランペット YTR-8335WSGP(金メッキ仕上げ) →只今ページ更新中…

第3世代XENOベース「KMV」はまだ在庫あります!
ヤマハトランペット YTR-8335KMVGP(金メッキ仕上げ) ¥553,300-
ヤマハ C管トランペット YTR-8445SKMV ¥284,900-
ヤマハ C管トランペット YTR-8445KMVGP(金メッキ仕上げ) ¥578,000-

秋といえば、アンサンブルの秋!

秋と言えば・・・
一番最初に思いつくのは、やっぱり音楽の秋!

この時期はとくにアンサンブルが盛んですよね(^ω^)

当店では輸入楽譜のお取り寄せも承ります。
一部ですが、人気の楽譜をご紹介いたします♪
輸入アンサンブル 木管 定番曲①
輸入アンサンブル 木管 定番曲②
輸入アンサンブル 金管 定番曲①
輸入アンサンブル 金管 定番曲②
この他の楽譜もお探ししますので、お気軽にお問合せくださいませ♪


話がかわりまして、私は11月10日に、すみだトリフォニーホールで行われた
カナディアンブラスの演奏会に行ってきました!
演奏会にいってきました!

カナディアンブラスは世界的に有名な金管五重奏の団体で、
今回は8年ぶりの来日なのだそうです。

1970年に発足後、Tubaのチャック・デーレンバックはいまだに現役で
他のメンバーは若手へと世代交代していますが、
伝統的でユーモアのあるサウンドは今も昔も変わらないと称されています。

お客さんも高校生から年配の方まで幅広い層で、
長年お客さんを楽しませ、愛されてきたことがわかります。

すばらしい演奏にも感動しましたが、
しょっぱな客席から登場したり、舞台から降りて客席で演奏したり、かつらを被ったり(笑)、
アンコールには十八番の「熊蜂の飛行」で会場を沸かせ、
最初から最後まで笑いっぱなしの、楽しい演奏会でした!

BGM用にCDも買ってしまいました!
お店の中が明るくなりそうです(^o^)

キャンペーンのお知らせ

だんだん寒くなってきましたね、
こたつと鍋が恋しい季節になってきました(笑)

今回はキャンペーンのお知らせです!

~10月25日まで!BESSON製品特別価格セール実施中です♪
Besson特価セール残り期間わずか!
珍しいラッカーの楽器もございます。
日本での定番は銀メッキ仕上げですが、
ブラスバンドの聖地イギリスではラッカーを使ってる奏者も多いです。

銀メッキより明るい音色で、レスポンスが速いのが特長です。
セール期間も残りわずかですので、ぜひご検討くださいませ♪


B♭クラリネットはケースカバー交換キャンペーンを実施中です。
ご購入の際に、かわいいステッチ入りのケースカバーへ無料で交換いたします。
(E-12PLUS、E-12F、Tosca、Divineなどの、オリジナルケースが付属する楽器は対象外となります。)
クラリネットキャンペーン実施中!

選定品の在庫も豊富にございますので、複数本からお選びいただけます♪
ご試奏の際はこちらまでお電話ください⇒永江楽器 本店 TEL:03-3312-7591

「バランス調整」って??

おひさしぶりです、今月は修理についてのお話です!

木管楽器を演奏される方は、楽器屋さんに修理をお願いするとき
「バランス調整が必要ですね。」と言われることがよくあると思います。

なんとなく吹きやすくなるのはわかるけど、具体的にいったい何をしているんだろう?
と思ったことはないでしょうか?

バランス調整とは、タンポひとつひとつがしっかりふさがるようにするのはもちろん、
2つ以上のタンポをしっかり同時にふさがるようにして息漏れしないように調整することです。

たとえばクラリネット
クラリネットは低音のファ-ミ(中音のシ-ド)が特に息漏れしやすいのです。

下管のミを押すとき、ファのキーも同時に押されているのがわかります。
下管ファ-ミ

ぱっと見、きちんと同時にふさがっているように見えますが、
脂とり紙を三角形に切ったもの(私たちはフィラーと呼びます)で押さえ具合をチェックしてみると・・・
バランスチェック

若干、ファのキーを強く押さえており、ミのキーが浮いているようです。
このままでは吹きづらいので、同時にふさがるようにちょっとだけ曲げて調整します。


サックスだと、ここのねじの締め具合で息もれ具合がかなり左右されます。
ソ♯キー調整ねじ

ここのねじがゆるんでいると、低音のド♯やシ、シ♭を吹くときに、ソ♯のキーが浮いてしまうため
息漏れしてかなり吹きづらい状況になってしまいます。

中から光を当てて、ソ♯がちゃんとふさがるようにねじを締めます。
調整前 息漏れ状態


調整後

かといって逆に締めすぎても、ファから下の音が吹きづらくなってしまうので
ここは慎重に調整します。

とてもデリケートなねじなので、自分で回すのは絶対にやめてください(>_<)

バランスは吹いてるうちに自然と少しづつ崩れていくものですので、
木管楽器は定期的に調整することをおすすめします。
汚れが溜まってくることも考えると、1年に1回が理想です(._.)

定期的に調整して、快適に演奏しましょう♪

夏季休業について

きのうは台風11号が上陸して、東京では今日も大風が吹いてます(◎д◎;)
交通機関も乱れていたようなので、
商品がちゃんとお客様へ届いているか心配なところです。。。

台風が過ぎればお盆休み!
天気もしばらく晴れるらしいので、
旅行に行ったり遊びに行ったりするには絶好の機会ですね(^ω^)

お盆ということで、当店もお休みを頂くことになりましたので
遅くなりましたがご案内致します( _ _)


~~~~~~~~~~~
当店の営業日につきまして
8月13~17日は休業とさせて頂きます。

また、休業前の商品発送は12日14時が最終受付となりますので、
お急ぎのお客様はお早めにご利用ください。

休業中の御注文は18日以降に順番に発送いたします。
在庫状況によって、発送の順番が前後する場合もございますので
予めご了承下さい。

支店の水戸店は8月14日~18日がお休みになります。

ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
~~~~~~~~~~~

修理も、中学校と一般のコンクール予選が終わったためか
少しずつご依頼が増えてきました。

お休みまであと一日!気をゆるめずにがんばります!
プロフィール

Author:永江楽器
管楽器・吹奏楽用品を扱っている永江楽器です。
管楽器最新情報、キャンペーン情報などなどご紹介。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード