--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/11/14

お掃除の重要性

コンクールが終わり、みなさんは今、演奏会に向けて練習をしているところでしょうか?
練習が続くと、楽器をメンテナンスすることを後回しにしてしまいがちですよね(;^_^)
特に金管楽器は木管楽器に比べて、放っておいても音が出てしまうので、ほとんどお掃除していない、という話も時々耳にします。。

金管楽器も1年に1回は必ず、お掃除をすることをおすすめします!!

これは修理でお預かりしたユーフォニウムから出てきた汚れです。
※クリックするとモザイクをとった画像で表示されます。
2015_1114_1
曲がっている部分が多いユーフォニウムはこうしたヘドロと呼ばれる古い油汚れが溜りやすいのです。
しかし、ここまで立派なのは初めて見ました(笑)

こうしたヘドロ汚れが溜まると、衛生的に問題なのはもちろん、
管内を圧迫して音程が高くなったり、音の当たりが悪くなったり、ピストンの動きが悪くなったり…
とにかくいいことがありません。

特に、マウスパイプは汚れが溜まりやすく、一番演奏に影響が出やすいので、こまめにお掃除することをおすすめします。

これは新品のトランペットのマウスパイプ。主管を抜くと汚れなどはなく、きれいな○の穴が見えます。
2015_1114_2

みなさんの楽器はどうですか??
トランペットの場合、管が細い分、少し汚れが溜まっているだけで、音の当たりに大きな影響を与えます。

見た目はきれいに見えても中は・・・ということが多い金管楽器。
ぜひ一度お掃除してみてくださいね♪
やり方がわからない、自分でやるのが怖いという方は、お気軽にご相談ください(^_^)

お手入れ方法~トランペット編 →http://www.nagae-g.co.jp/fs/inst/c/ctr
マウスパイプのお掃除におすすめ!ヤマハ クリーニングロッド S 300円
水を通して洗うときは… ヤマハ フレキシブルクリーナーS 1,310円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。