--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/08

水漏れについて

演奏中の水漏れで困ったことはないですか?

水漏れはタンポの寿命を短くしたり、
雑音の原因になったりします。

しかし、この水漏れは演奏中のクセを直すだけで防ぐことができるのです!

まず水漏れはなんで起きるのかというと、
楽器が冷えているところに暖かい息を入れることで、その温度の差で水が一気に溜まってしまうからです。

その水が一気に溜まるのは、演奏を始めてから約5分です。
吹き始めて5分経ったら必ずスワブを通してください!

2013_1208_1

吹き始めて10分吹き続けた頃には水が垂れてきてしまいます。
こまめにスワブを通すのはもちろんですが、
吹き始めて5分経ったら必ずスワブを通してください!(重要なので2回言いました!)


楽器が充分に温まると水はあまり溜まらなくなりますが、
いったん吹くのを休むと、また楽器が冷えて水が溜まりやすくなります。

その時の姿勢、
皆さんどうしてますか?

こんなふうにしてませんか?

2013_1208_2

こんなふうに楽器を前に傾けた状態でいると水がタンポを直撃してしまいます。
休憩中はなるべく楽器をまっすぐに立ててください。


タンポに水がついてしまった時、
オススメなのがこちら!

2013_1208_3

クリーニングペーパーとは違い布製なので、洗えば一枚で何回も使うことができます。
マイクロファイバーなので、水をよく吸い込んでくれます。

2013_1208_4

このようにキーをぱたぱたさせて水を吸い込んでください。
BGパッドドライ A65U ¥610-

演奏中のクセに気をつけて、快適に演奏を楽しみましょう♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。