2012/12/15

楽譜の移調 2

多くは、スコアやピアノ伴奏譜を基準にして、
C譜から書き換える場合かと思います。
あるいはフルートの2重奏をクラリネットの2重奏にしたいとか。。



こちらは、モーツァルトのクラリネット協奏曲。
B♭譜です。
クラリネット協奏曲



ピアノ譜では、こうなっているわけです。


クラリネット協奏曲

クラリネットパートにはA譜が書いてありますが、ピアノパートはC譜。

実音のメロディーは、E(ミ)の音でスタートしています。
ピアノ伴奏譜の、和音の一番上の音がE(ミ)です。


出だしの音が、

ミ ⇒ ファ♯


調性は、

A dur (イ長調 ♯3つ) ⇒ H dur (ロ長調 ♯5つ)

になっています。

つまり、

C譜からB♭譜へ書き換えるときは、長2度上げればよい

長2度については、1でも説明しましたとおり、わかりやすく言うと長音階で2番目の音。

ピアノの鍵盤で言えば、クロマティック(半音階)で数えて、3個分です。

長2度 = 半音階3個分


-----まとめ----------------------------------------------------------------

C譜からB♭に移す場合。(長2度上へ)


1.五線譜上では、まず単純にひとつ上へ、上がった音で書く。

ド、だったら、レ。
ミ、だったら、ファ。


2.次に基調を直す。


・この曲は何調で書かれているのか
・ト音記号の横に何個♭や♯があるのか


ピアノ譜が

Gdur(ト長調 ♯1つ)だったら、
ソ、ラ、と上がってAdur(イ長調 ♯3つ)に。


B♭dur(変ロ長調 ♭2つ)だったら、
シ、ド、と上がってCdur(ハ長調 #♭なし)に。


3.最後に、臨時記号をふっていく。

既に基調による♯が付いている場合は、「ダブルシャープ」になり、
♭が付いていたら「ダブルフラット」になりますのでお気をつけ下さい。


--------------------------------------------------------------------------


どうでしょうか?
お分かり頂けましたでしょうか?(^^;)

●●調だと♯が何個、♭がいくつかは、楽典やスケール教本などで
お調べくださいませね。
譜面からだと、たとえば♭が4つであれば、As dur か F moll です。
あとは、最初もしくは最後の小節の和音で、どっちの調なのかを判断します。


●万円とかで、パソコンにスキャンするだけで全部自動的に移調できる、
というようなソフトも売ってます。
全パートのスコアだったら、そういうものを使ってらっしゃる方もいますよね。
残念ながら、当店では販売しておりません。

移調のことって、なんとなく分かっていても、いざ書き換えなきゃ!となったら

えっとぉ…? どうするんだっけ?

となってしまいますよね。
もう少し、分かりやすい説明が書いてあるサイトも他にあるかもしれませんが…

すこしでもご参考してして頂けましたら幸いです。